年齢に適したスタイリングのコツ
青いカットソー

女性にとって美容と同じくファッションも楽しみと同時に悩みの一つ。
特に30代になると昔のように可愛い服を着ていいものか考えてしまうものです。
ファッションで大切なのは何より楽しむことであり年齢的に、とか考えるよりも今の自分が着こなせるかどうかを考えるとよいです。
もし可愛い系に対して不安があるならここはグッと思考を変換し自分は大人っぽい魅力を出すことができるようになったと考えましょう。
可愛い系から大人っぽいファッションへの転換のコツはまず柄物や色の明るすぎるものを避けシンプルなデザインのものは材質、素材感に注意するとグッドです。
シックな色柄を選べば落ち着いた印象を与えることができますしそれにあわせて髪型を作るのも楽しいです。

一度着こなせれば楽しくなる

最初はもしかしたら服装のジャンルをガラッとかえることに抵抗があったり不安に思うかもしれません。
しかしそこを勇気をもって乗り越えればまた新しいオシャレの楽しさが待っています。
工夫の仕方も全然変わってくるしアクセサリーの選び方を変えるのもポイントです。
何歳だから、と考えるのではなく今現在自分に合うファッションを考えておしゃれを最大限に楽しみましょう。
肌がすけるようなシフォン素材よりも綿素材やモダール、リヨセルを使用したハリがありながらもツルッとした素材がオススメでグッと大人っぽさが出ると思います。
その際にはバッグやアクセサリなども出来る限りシンプルなものを選ぶのがポイントです。
ここで大きい目立つワンポイントアクセを使うと逆に安っぽく見えてしまうこともあり注意が必要です。

20代とは一線を画すラインナップ

女性の結婚年齢がどんどん上がってゆく中で、30代女性は結婚と仕事の狭間の世代となっています。
ファッションもゆるいママスタイルからキャリアスタイルまで様々なバリエーションを持った世代とも言えます。
家庭と仕事を両立している人も多いため、家庭でのスタイルとワーキングスタイルとの2通りの着こなしが必要とされます。
そのため、30代を対象とした雑誌ではオンとオフ両方の特集が組まれているのをしばしば見かけます。
そうした雑誌のコーディネートを見ていると、オン・オフ共に着回しのきくワードロープが多く、上質でも他のアイテムと合わせやすいオーソドックスな物が良く使われています。
子供のいる世帯も多いため、手入れのしやすいアイテムが多いのも特徴です。

オススメリンク

コート

大人っぽく見せる

20代の頃は、色々なファッションを試してみた方も多いはずです。しかし、30代になると、少し落ち着いた大人の雰囲…Read more

関連リンク